後悔しないために親の病気はセカンドオピニオンも大事

親が癌など大きな手術を射要する病気の場合は
「別の医師の意見も聞いてみたい」
と思うこともあるでしょう。
最近は症状や治療方針について複数の医師から意見を聞くセカンドオピニオンを求める人が増えてきています。
実は同じ病気でも医師によって治療方針が異なる場合も少なくないのです。
複数の医師の意見を聞いたうえで親の病気の治療方針を決めても遅くはありません。
緊急性の高い病気の場合は別にして、著しい進行性のものの癌でない限り、複数の医師からのセカンドオピニオン、サードオピニオンを聞いてから治療方針決めたのなら「こんな治療法もあったのか?」と後悔することも少なくなります。

納得のいく医療を受けるためにどうやってセカンドオピニオンをとればいいのでしょうか?
セカンドオピニオンを摂りたい場合は、現在かかって医師にその旨を伝えましょう。
そうすれば医師は紹介状(診療情報提供書)を書いてくれます。
検査結果やレントゲンなどの画像結果などのデータも貸してくれます。

「セカンドオピニオンをとりたいといったら医師がへそを曲げないか?」
と心配する人もいますが、黙って別の医師にかかると再度一から再検査を受けなければなりあm線。
時間や費用だけでなく病気の親本人への身体の負担も考えるとそれは避けたいものです。
結果的に元の医師に治療をお願いするケースも多いので
「納得したいのでセカンドおピ人を摂りますが、その後も治療はお願いします」と伝えておくと良いと思いmさう。
セカンドオピニオンの費用は医療保険扱いのことろも多いですが、なかには「1時間1万円」という特別費用を設定しているところもあります。
事前に費用や予約の必要性
診療時間
持参するmの葉確認しておきましょう・

馬の医師に不安がある場合には、臆せずセカンドオピニオンのことも勇気を出して考えてくださいね。
親にはできるだけのことはしてあげたい
それが子供の気持ちです。
後で後悔しても時すでに遅しなのですから。
嫌がる親を施設に入れるには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です