住宅ローンの借りれる金額と無理なく買える金額は違う

銀行から借りられる住宅ローンの金額は
借りる人の年収
購入物件の担保価値
によって決まります。
しかし、銀行から借りられる住宅ローンの金額と無理なく返済できる!つまり変える金額とは異なります。
生活費や子供の教育費に必要な金額
それらだどれくらいの家計に余裕があれば無理なく返していけるか?
それは各家庭によって変わるからです。
それぞれの家庭のライフスタイルや金銭感覚は違います。
同じレベルの年収でも節約家の家庭と浪費癖のある家庭ではその返済額の苦しさは異なります。
ただ倹約が善とは一概に言えません。
人の幸福とはそれぞれ価値観が変わります。

住宅ローンの借入額は自分の無理なく返済できる金額内に収めておかなければなりません。
その目安となるのは今暮らしている賃貸マンションなどの家賃と同じレベルに合わせておくことをおすすめします。
現在の家賃の額に、マンション購入のために積み立てているお金に加え、税金や光熱費など新しいマイホームでアップする住宅関連費を差し引いた金額が今の誠克レベルを維持しながら住宅ローンを返済できる金額です。

こうしうて試算した「無理なく返済できる住宅ローンの借入額」と今までに貯めたマイホーム購入の自己資金」の合計額が総予算の上限です。

もちろんここから購入に必要な諸経費は差し引いておきましょう。
中古の場合は8~9%
新築だと5~6&程度は見込んでいくことをおすすめします。

まあ、おおざっぱな試算では今の家賃と同じくらいか少し増えたくらいが妥当です。

マイホームの購入で無理なく返済できる住宅ローンの返済額
それが今の生活水準やライフスタイルを大きく変えないでいくにはそれを目安にしてください。
無理をしすぎてギスギスした夫婦関係や家庭の雰囲気になってしまう方は少なくありません。

奥様が住宅ローンの返済の助けとしてパートに出る。
そこで浮気や不倫は正直たくさなりあります。
なにより今の夫よりも経済的に余裕のある男性に魅力を感じてしま手も仕方ありません。
子育てもおろそかになってしまうかもしれません。

住宅ローン返済のために、無理な節約も夫婦喧嘩の大きな原因にもなります。
離婚 住宅ローン 妻が住む 借り換え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です