介護事業者の運営主体はどこがたってるの?

介護事業者の運営主体は
・社会福祉法人
・医療法人
・民間企業
・NPO(特定非営利活動法)
です。
これらの運営主体や組織の規模によって提供さうる介護サービスは異なり、組織の体制も異なります。

短期入所施設や介護老人福祉施設を運営しつつ、併設施設菜緒で訪問や通所のサービスを社会福祉法人は介護保険制度誕生前から提供してきました。
医療法人は介護老人福祉施設や介護療養型医療施設、短期入所施設を運営し、訪問看護や訪問リハビリテーションなどのサービスを提供しています。

それに比べて民間企業の場合は幅広いサービスを提供しています。
老人ホームやグループホームなどの死せる
さらに通所や訪問の際帯び酢事業所などです。
さらに一部の大手民間企業では介護給付の対象となる「福祉器具の貸与や販売事業」のほか、
自宅で暮らす高齢者向けの「配色差^ビス」
介護事業者向けの介護・医療教育事業も行っています。

■自宅で暮らす高齢者にサービスを提供する居宅事業所

しかし、最もなじみが深いのは居宅事業所でしょう。
この居宅事業所は、自宅で暮らす高齢者が自立して生活できるためのいサービスを提供しています。
居宅事業所の種類はその提供するサービスによって分類されます。

・高齢者の自宅まで訪問して提供する訪問サービスを提供
ヘルパーステーションや訪問入浴ステーション、訪問看護ステーションや病院など

・送迎バスや施設に通所する高齢者に日中提供する通所サービス
デイサービスセンターやデイケアセンターなど

・30日を上限とする高齢者を施設に預かる短期入所サービス
病院や介護老人保健施設の併設施設
ショートステイ専用施設

それら以外にも
居宅介護支援事業所がケアプランの作成や介護事業所の紹介
病院や薬局などが治療の管理指導や服薬指導などのサービスを提供しています。

このように自宅で暮らす高齢者のためにもさまざまな介護サービスが提供されています。
あなたの親御さんに役に立つ介護委サービスがないか?
日頃からケアマネージャーにいろいろと相談してみましょう。
認知症 GPS キーホルダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です