腰痛の牽引療法って続けた方がいいですか?

腰痛の牽引療法とは
身体を固定したうえで専用の毛人気で腰痛を引っ張る物理療法です。
これで椎骨と椎骨の間(椎間)を広げることで、椎間板や座骨神経にかかる圧力を減らす効果を期待するものです。

昔は神経症状のある腰痛にこの家人慮ほうが広く行われてきました。
しかし、最近ではそのエビデンスに少し疑問がもたれるようになってきています。
「腰痛s軍両ガイドライン2019」でも、この牽引療法についても腰痛患者(坐骨神経痛患者も含む)にすすめるのに十分なエビデンスがないと記されていちます。

しかし、いまでもこのい牽引療法は整形外科でもよく用いられています。
腰痛患者に牽引療法による治療を施す医師もいたくさんいる事実もあります。
ですからいくらエビデンスが不十分と言われていても、それで腰痛が改善するなら続けた方がいいですし、家人療法に効果があまり感じられないのであれば他の治療法を探すべきかもしれません。

腰痛には牽引療法以外にも超音波療法や温熱療法もあります。

超音波療法は皮膚の上から超音波を患部に当てて熱やエネルギーを送って刺激を与える療法です。
これで腰痛の痛みを緩和する効果があるとされています。
超音波療法には痛みを感じてから3か月以上経過した慢性腰痛にはあまり効果がないともいわれています。
一方でギックリ腰などの急性腰痛では発症当初の炎症が落ち着いた後の超音波療法は一定の効果があるともいわれています。

温熱療法は患部に40度~80度程度に温められたパックをタオル等に包んであてる「ホットパック」
電磁波で身体の深部に熱を伝える「マイクロ波療法」があります。
多くの整形外科や鍼灸院では「マイクロ波療法」は施されています。
温めることで血流が良くなり、痛む患部に溜まっていた発痛物質を押し流してくれる効果があります。

しかし、腰痛の治療法には根本的な決定的治療法がまだ確立されてはいません。
だからこそ、自分の腰痛に合う治療法を探し続ける必要性もあります。
モットン お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です