青リンゴといえば王林

リンゴといえば、と真っ先に思い付く品種は「王林」です。綺麗な黄緑色の皮は見ていて可愛いし生食としてもかなり美味しい品種だと思います。スーパーに置かれるようになるとつい手に取ってしまう代表格といえます。ジュースなども王林を使ったものが多いですよね。普通は赤いリンゴを好むのかもしれませんが青リンゴといえば大半の方が王林を選ぶように本当に美味しいリンゴだと思います。

後、紅玉も好きなリンゴです。ある季節になると探してしまうのがこの紅玉です。生食、というよりは加工に向いているリンゴで私はよくアップルパイに加工します。ただ、滅多に店頭に並ばないのが悲しいところです。昔は紅玉が主流だったそうですが、紅玉は他のリンゴに比べて小振りなのがいけなかったのでしょうか?しっかりと固くて少し酸っぱくて個人的にはかなり好きな部類なのですが不評が多い事も事実です。それどころか紅玉という品種を知らない方もかなりいるようですね。

この紅玉ですが作っている農家さんも少ないのかお値段も少しお高めです。でも好きな方はこのリンゴでないと駄目、というくらいに固定のファンが多い事でも有名です。お菓子業界ではなくてはならないリンゴです。私は個人的に作るので数はいらないのですが確かに少し高いな、とは思います。でも他の品種では出せない味に仕上がるのでやはりお菓子を作るには紅玉でないと、という思いは強いです。

この紅玉と、少し王林を混ぜてアップルパイをよく作るのですが、紅玉だと煮崩れる事が少ないです。ガンガン炊いても形を保っていて見た目が綺麗に仕上がってくれます。王林は煮崩れはするものの、独特のうま味が何ともいえません。生で食べても美味しいリンゴは加工しても矢張り美味しく仕上がってくれるのです。

他にも品種は多いですね。季節ごとに出てくるものは違いますが年中スーパーの店頭に並ぶという点ではリンゴは市民に定着したザ・果物だと思います。病気になると出てくるのは手軽で水分もあって満足できる果物だからでしょうか。最近は品種改良もされていてどんどん美味しいリンゴが出てきていますが、昔ながらのリンゴも変わる事なく残って欲しいと思います。

青森りんご 格安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です